カンニングペーパーの異名を持つ、ブラックジャックの基本戦略

頭に叩き込めば還元率が3%アップ!


ベーシックストラテジーとは下の表のことです。

どわー! なんじゃこりゃー。

ブラックジャック ベーシックストラテジー

まず3つの表があります。これは
ハードハンド(「A」をふくまない組み合わせ)
ソフトハンド(「A」をふくんだ組み合わせ)
スプリット(スプリットした場合)
で分けられています。

ふむふむ。そして縦軸が自分のハンド、
横軸がディーラーのアップカードだね。

そして表内の記号は
「S」スタンド
「H」ヒット
「D」ダブルダウン
「P」スプリット
をしなさいってことを示します。

すべて決まっているんだね。

付け加えると、どんな場合でもインシュアランスは
しません!
またここで紹介したものはサレンダーや
スプリット後のダブルダウンができないというルール
のものです。

このベーシックストラテジーって
どれくらいの効果が期待できるのかな?

ブラックジャックの還元率は約97%だけど、
ベーシックストラテジーを使うことで
99.7%にも上昇するといわれているわ。

おおお! それはすごい!

まとめ

  • 親と子ども最初のカードの組み合わせにより、最適な行動は決まっている
  • 完全にマスターすることで、ブラックジャックの還元率をほぼ100%近くまで高められる
  • インシュアランスはしない
あわせて読みたい

ブラックジャックは技術介入のゲーム
ブラックジャックの勝ちやすさを押し上げるオプション行動

ページ:
1

2

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る