『賭博Ⅰ』増川宏一(法政大学出版局)

  • 2014-7-9
  • 『賭博Ⅰ』増川宏一(法政大学出版局) はコメントを受け付けていません。
賭博Ⅰ

賭博Ⅰ
増川宏一
法政大学出版局(1980/01)
281ページ

日本で一番、賭博についての造詣が深い書籍だといえます。古今東西の資料に基づき、その時代の社会的環境などを考察し、賭博の定義や起源、歴史などをまとめています。原始共同体社会から奴隷制社会、封建制社会、資本制社会と移り変わる中で、人類は賭博をどのようなものとして扱ってきたのか? カジノ議論を始める前に、ぜひ読みたい一冊です

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る