12の質問に答えるだけで、あなたが病的賭博(ギャンブル依存)かどうか分かる | 東京カジノラボ

12の質問に答えるだけで、あなたが病的賭博(ギャンブル依存)かどうか分かる

  • 2014-7-2
  • 12の質問に答えるだけで、あなたが病的賭博(ギャンブル依存)かどうか分かる はコメントを受け付けていません。

ギャンブル依存症

12の設問に解答することで、どれくらいギャンブルに依存しているかを判定できるのがここで取り上げるSOGSという調査。これは2009年に発表された厚生労働省調査にも用いられたものです。はたして、どんな設問があり、どのように依存かどうかを診断するのでしょうか? 実際の質問を用意しました。

厚生労働省調査が用いた日本版SOGS


ギャンブル依存の度合いを調べる手段の一つに
SOGS(サウスオークス・ギャンブリング・スクリーン)という
質問表があります。
厚生労働省調査ではこれのアレンジ版が用いられました。
ここではこのアンケート内容をみていきます。

SOGSに入る前に、下記ギャンブルをしたことがありますか?
という設問を設けているのがポイントね。
言い換えるならば、このアンケートではこれらをギャンブルと見なすよ、
ということ。

パチンコ、スロットマシン、ポーカーマシン、競馬、競輪、競艇、オートレース、賭け麻雀、賭け将棋、インターネット賭博、花札、バカラ、カード、野球(スポーツ)賭博、丁半賭博、チンチロリン、賭けゴルフ、賭けビリヤード、賭けダーツ、カジノ、ナンバーズ、宝くじ、サッカーくじ、信用取引、先物取引

これらをギャンブルであるとみなして、
次から始まるSOGSの問いに答えてみてください。
【質問1】ギャンブルで負けた時、負けた分を取り戻すために、またギャンブルをしたことがありますか。(〇は1つ)
  1. 全くそのようなことをしたことはない
  2. 時々そうした(負けた回数の半分はしていない)
  3. 負けた時は、たいていそうした
  4. 負けた時は、いつもそうした
【質問2】実際はギャンブルで負けたのに、勝っていると吹聴したことがありますか。(〇は1つ)
  1. いいえ、一度もない(あるいはギャンブルをしたことがない)
  2. はい、でも負けた回数の半分もない
  3. はい、たいていそうだった
【質問3】自分には、賭けごとやギャンブルの問題があると思ったことがありますか。(〇は1つ)
  1. いいえ
  2. はい、過去にはあったが今はない
  3. はい
【質問4】意図していた以上にギャンブルをしたことがありますか。
  1. はい
  2. いいえ
【質問5】あなたのギャンブルについてまわりの人から非難されたことがありますか。
  1. はい
  2. いいえ
【質問6】自分のギャンブルのやり方や、ギャンブルによって生じたことについて罪悪感を感じたことがありますか。
  1. はい
  2. いいえ
【質問7】実際にはやめられないと分かっていても、ギャンブルを止めたいと思ったことはありますか。
  1. はい
  2. いいえ
【質問8】ギャンブルをしていることを配偶者や子供、その他あなたにとって大事な人に知られないように、ギャンブルの券や宝くじ、賭博用の資金などを隠したことがありますか。
  1. はい
  2. いいえ
【質問9】お金の使い方について、同居している人と口論になったことがありますか。
  1. はい
  2. いいえ
【質問10】誰かからお金を借りたのに、ギャンブルのために返せなくなったことがありますか。
  1. はい
  2. いいえ
【質問11】ギャンブルのために、仕事や学業の時間を浪費したことがありますか。
  1. はい
  2. いいえ
【質問12】ギャンブルのためか、ギャンブルによる借金を返すためにお金を借りた経験がありますか。(複数回答可)
  1. 家計から借りた
  2. 配偶者から借りた
  3. 親戚から借りた
  4. 銀行から借りた
  5. クレジットカードで借りた
  6. サラ金で借りた
  7. 株券、債券、保険を換金して借りた
  8. 財産を処分して借りた
  9. 当座預金口座から借りた

ギャンブル依存の判定


さて、質問への回答により、ギャンブル依存の度合いが分かります。
次のルールに従い、点数がいくつになるかをカウントしてください。
質問1で、3または4を選ぶと1点
質問2で、2または3を選ぶと1点
質問3で、2または3を選ぶと1点
質問4~11で、1を選ぶと1点
質問12で、〇1個につき1点

この点数が5点以上の場合は、「病的賭博(Pathological Gambling)」
という名の病気であると考えられるの。
ようはギャンブルに依存しているってことね。

厚生労働省調査では、男性9.6%、女性1.6%が
病的賭博であるという数値が導かれたわけ。

ただし、アメリカで生まれた判断基準を、文化の異なる日本で
運用するのは無理があって、だから日本版SOGSには
いくつかの欠点があるといえる。
まず、パチンコや信用取引をギャンブルと定義することで
範囲を拡大していること。
そして、その影響を考慮せずに、5点以上という線引きを
採用していること。

日本人の場合、明確に白黒をつけられる質問ではない場合、
黒側に寄せて回答してしまうという性質も影響するわね。

以上から、6点、7点をカットオフするポイントにしてはどうか
という意見も出ているし、実際にそうした場合の数値も算出されている。

6点だと「男性6.9%、女性1.1%」
7点だと「男性4.4%、女性0.9%」
になります。

いずれにせよ、SOGSは暫定値として考えるのが無難ね。
あわせて読みたい

カジノ導入とギャンブル依存症対策について考えるシンポジウム
ギャンブルのリスクについてアルコールやタバコ同様教育すべき
日常にあふれる「当たりはずれ」のゲームからくじの本質へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る