公明幹事長 IR法案の自民提出は容認|カジノ業界定点観測

teiten2

4月14日(火)
フランスのメディアでもマカオのカジノの
深刻な不景気が伝えられています。
中国政府やマカオ特区の政策や規制で
中国本土からのVIP客の足が遠のいてから、
カジノ収入が急降下しているわね。
4月17日(金)
時事通信が行った世論調査でカジノ法案の賛否を
尋ねたところ、反対62%、賛成27%という結果に。
反対している人が賛成の2倍以上もいるんだね。
カジノ法案に慎重姿勢を貫いている公明党幹事長のコメント。
カジノ法案について自民党と公明党の歩調が合わないままで
自民党が法案を提出することに関して容認しています。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る