単純な好き嫌い論から脱出!カジノ議論のためのオススメ記事選 | 東京カジノラボ

単純な好き嫌い論から脱出!カジノ議論のためのオススメ記事選

casino098

ともすれば議論が平行線をたどりがちな、カジノ賛成派とカジノ反対派の対立。単純な好き嫌い論におちいることなく、建設的な議論を積み重ねていくためには、客観的な情報をベースにすることが必要不可欠です。現状のカジノ法案が抱えるメリットやデメリットをわかりやすく学べる記事を紹介します。

カジノ法案のメリットとデメリットをシンプルに理解できるオススメ記事×5

依存症、治安悪化…カジノのリスクをどう防ぐ?
日本の外国人観光客数は韓国以下…カジノで変わるか?
日本版カジノはどこにできる? 各地の取り組みとは
120ヶ国で合法のカジノ、なぜ日本では違法?
カジノの市場規模は1兆円以上…海外事業者も熱視線


意見が激しく対立すると、どうしても極論の応酬になり、
賛成vs反対という図式が、必要以上に明確になってしまいます。

今のカジノ法案なんてその典型例だよね。
必要or不要でしか語られていない気がする。

そうね。
でも実際のところ、「カジノは作るべきだけど、この部分は禁じる」
「カジノには反対だけど、この部分は評価できる」
といった、条件付きの賛成や反対があってもいいと思うの。

たしかに。
○か×かだけの議論だと、いずれ行き詰まることは必至…!

より深くこのテーマについて議論してくためには、
現状をできるだけ公平な視点で把握することが第一歩となります。

客観性というやつだね!

そうね。
そこで、今なにが起きていて、なにが問題になっているかを
わかりやすく理解できる記事を紹介します。

この記事のソースになっている、
木曽崇さんの書籍『日本版カジノのすべて』もチェック!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る