カジノ法案の成立は秋の臨時国会? | 東京カジノラボ

カジノ法案の成立は秋の臨時国会?

  • 2014-6-6
  • カジノ法案の成立は秋の臨時国会? はコメントを受け付けていません。

casino071

開催中の国会で推進派が審議入りを目指しているカジノ法案(IR推進法案)ですが、今国会中の成立がかなり難しくなってきたというニュースがありました。これにはどんな事情があるのでしょうか。

 

6月3日、ロイターは統合型リゾート(IR)をめざすプログラム法案(通称、カジノ法案)が来週にも審議入りする公算だと報じた。しかし、自民党は4日、カジノを中心とした複合型リゾート施設(IR)の整備を政府に促す推進法案について、今国会での成立を見送る方針を決めた。集団的自衛権の行使容認をめぐり協議を進めている公明党に配慮する狙いもあるとみられる。

“カジノ法案は秋の臨時国会へ | PiDEA


自民党が今国会でのカジノ法案の成立を見送る見通し、
というニュースがあったわね。

なんですと!

社会の授業で三権分立って習ったはずだけど、
三権とはなんでしょう?

え…?
さんけん…?

立法・行政・司法

そうね。
国会は三権のひとつなんだけど、どれにあたるかな?

…立法!(ランダム解答)

(3分の1の勝負に勝ったか)

正解ね。
国会は我が国唯一の立法機関、
つまり法律を作るところです。

あ、そうか。
基本的に日本ではギャンブルを開催しちゃいけないけど、
「IR施設(複合方観光施設)の中で、例外的にカジノをやってもいいよ」
という法律を今つくろうとしているわけなんだね。

そういうことね。
でもその動きが、6月22日まで開催される今の国会では、
どうやら間に合わないだろう、ということになっているのよ。

とっても残念だよう…。
夢のカジノ生活がぁ。

とはいっても、秋の臨時国会での成立を目指すそうだし、
日本に健全なカジノを作ろうという動きは変わらないはずよ。

それなら安心だ!
安倍首相もかなり意欲的だもんね。

そうね。
今国会では話し合わなければいけないことが山のようにあること、
また連立与党である公明党に配慮した部分もあるみたいね。
公明党はカジノ法案に対して、賛成とも反対ともいえない
微妙な立場をとっているの。
で、自民党としては今回はカジノは後回しにするので、
もうひとつの懸案事項である、集団自衛権については協力してください、
みたいな駆け引きがあるのかもしれないわね。

なるほどー。政治の世界は『銀と金』みたいに複雑なんだね。

どちらにせよ、カジノが本格的にオープンするまでには何年もかかるはず。
それまでにじっくり勉強しておこうね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る