カジノがパチンコ業界に与える影響

カジノのパチンコの影響

カジノ法案(IR推進法案)が具体化するにつれ、動揺が走っているのがパチンコ業界です。カジノを警戒する人、カジノ合法化を歓迎する人など、様々な思惑が交錯しています。実質的な日本最大規模のギャンブルであるパチンコ業界は、カジノとどのように折り合いをつけていくのでしょうか。

7月9日(ブルームバーグ):せわしなく跳ね回る玉、耳をつんざく電子音。平日の夕方、とある都内のパチンコホールは喧騒(けんそう)と裏腹に客の姿はまばらで、埋まっている席は2割に満たない-。全国のホール数は17年続けて減少中で、売り上げは最盛期の3分の2に落ち込んだ。そこへ黒船が迫っている。カジノだ。
「プラスの要因が1つも思い浮かばない」-。首都圏で26店舗のパチンコホールを経営する東和産業の岸野誠人社長は話す。カジノに客が流れるだけでなく、これまで曖昧なままだったパチンコの法的な枠組みがカジノ合法化を機に見直され、規制が厳しくなると警戒する。

カジノは敵か味方か、縮む20兆円産業パチンコに黒船-税源化の足音も | Bloomberg.co.jp


かつては30兆円産業と呼ばれたパチンコ業界だけど、
年々規模は縮小し、いつの間にか20兆円産業と呼ばれています。

それでもとてつもない規模だと思うけどね~。
日本中の競馬の売り上げを合わせても、
3兆円にとどかないわけで。

たしかにそうだね。
パチンコ産業がいまだ巨大産業であることにはかわりないわ。

で、そのパチンコ業界の中には、
カジノが合法化されていることを恐れる人も
たくさんいるんだね。

もともとパチンコは遊技という位置づけで、
ゲームセンターと似たような存在であるはずなのに、
三店方式という特殊な解釈により換金が可能になっているため、
実質的にはギャンブルそのものです。
こういった曖昧な部分が厳格化されることを危惧する人は多いわね。
また風営法が改正されようとしている機運もある。
カジノ議論と根っこがつながる風営法の問題と、パチンコへの影響

それについ先日、パチンコ税導入か?
っていうニュースも流れていたよね。

そうね。
ただ、IR法案がこのまま成立して、
国内にカジノができるとしても、数はそんなに多くならないはず。
東京五輪までに国内数ヵ所程度という説が濃厚だし、
それから先も、それこそパチンコ屋さんのように、
あらゆる街がカジノだらけになることはないはず。

たしかに。
統合型リゾート施設の中にカジノも作っていいよ、
というのがIR法案の鉄則だから、
そんな巨大施設がポンポンできることはないよね~。

そう思うわ。
最盛期よりだいぶ数が減ったとはいえ、
いまだ1万店以上(平成23年時点)のパチンコ屋があるわけで。
この手軽さ、身近さが、良くも悪くもパチンコの特徴であり、
日本の中で数ヵ所程度しかできないカジノとは、
いろいろな意味で競合する要素は多くないと思います。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る