横浜でもカジノ誘致の機運が盛り上がる!

横浜 カジノ

人口、観光客ともに抜群に多い神奈川県横浜市でも、カジノ誘致についての議論が盛り上がっています。税金を使わず、民間によるIR運営が軌道に乗れば、非常に高い経済効果、抜群の地域活性化が期待できるでしょう。

横浜市の都心臨海部の再生と発展について話し合う横浜経済人会議が12日、中区の産業貿易センタービルで開かれた。主催した横浜青年会議所が、国際会議や展示場などMICE機能の強化のため全天候型のドーム実現とIR(カジノを含む統合型リゾート)誘致を政策提言した。

IR整備に踏み切り、入国者数を6割も増やしたシンガポールに触れ、「税金を使わず、民間の力で複合施設をつくるのがIRだ。世界の127カ国でカジノは合法化されており、日本でできないはずはない。きっちりとした公的管理をすれば、健全な娯楽だ」と強調した。

横浜の臨海部にドームを カジノ誘致も提言 | カナロコ


ついに横浜も本気を見せてきたね!

そうね。
この記事のポイントは、IR施設は民間によって建設、運営されるところ。
カジノを作るために税金を使うわけではないってことね。

でも今の時代、IRみたいな巨大な施設を作るのって、
かなりお金持っている企業じゃないと無理じゃない?

たしかにそうなんだけど、すでに多くの大企業が、
カジノ関連企業として注目されており、
カジノに関するニュースが出るたびに株価も変動しているわ。
くわしくは日本カジノ「カオスマップβ2版」を見てみて。

国内外の名だたる大企業がカジノ誕生に向けて積極的なんだね!

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る