マカオでカジノを運営するメルコ・クラウンが松井大阪府知事と面会!

マカオカジノ

マカオの街並み

7月31日に大阪で開催されたIRビジネスフォーラムで講演を行った、メルコ・クラウン・エンターテインメントのトッド・ニスベット氏が、松井大阪府知事と面会したと報じられました。メルコ・クラウン・エンターテインメントはマカオのカジノ運営で知られています。いよいよ大阪カジノ誕生の役者が揃いつつあります。

7月31日に、大手カジノ関連企業であるメルコ・クラウン・エンターテインメント(MCE)取締役トッド・ニスベット氏は、大阪で大阪府知事松井一郎氏と面会した。その際、ニスベット氏は日本政府が統合型リゾート(IR)の導入構想に関して着実な進歩を遂げていることに対して敬意を表し、日本政府と密に連携し、ワールドクラスのIRリゾートを日本で立ち上げることに関して貢献し続けることを確約した。

カジノ企業メルコ・クラウン、大阪府知事と面会 | フィリピン経済・金融・投資情報


メルコ・クラウン・エンターテインメント取締役の
トッド・ニスベットさんが、
松井一郎大阪府知事と面会したってニュースになっているね!

この記事によれば7月31日に面会があったとのこと。
同じ日に大阪でIRビジネスフォーラムOSAKAが開催されていて、
トッド・ニスペット氏はこちらでセミナーをしているね。

このフォーラムではマリーナ・ベイ・サンズの
ジョージ・タナシェヴィッチさんもセミナーをしているよね。
この2社が大阪のカジノ建設や運営に関わる可能性が高いってことかな。

どちらにせよ、すでにカジノを含むIRを作って、
動かすノウハウがある外資系企業の力を借りるのは、
現実的な考え方だと思うわ。
シンガポールの2つのカジノは、どちらも外資系が運営しているしね。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る