ディカプリオ製作のカジノ映画が日本でも公開へ

rr-casino2

カジノは映画や小説などの創作作品においてよく用いられる題材のひとつです。一昔前のカジノ映画では考えられなかった、オンラインカジノがテーマのカジノ映画が日本でも公開されることになりました。

レオナルド・ディカプリオが製作を務めた映画「ランナー・ランナー(原題)」が、日本でも公開されることが決定した。米国では2012年に合法化され、年間300億ドルの収益があるというオンラインカジノを題材にしたエンタテイメント作で、「アルゴ」のベン・アフレックが主人公の大学生を翻ろうするカジノ王に扮している。

ディカプリオ製作のギャンブル映画が公開決定!ベン・アフレックがカジノ王に | 映画.com


一昔前のカジノ映画といえば、
実際のカジノを舞台にした
ものしかなかったけど、時代は変わるのね。

ディカプリオ主演の「ランナー・ランナー」は、
オンラインカジノがテーマなんだね。

国内では体験できない日本人がイメージするカジノは、
多くの場合、映画の中のカジノなんじゃないかしら。

そうかも。
でも映画によっては、バイオレンスなシーンもちらほら…。

実際のカジノはセキュリティがしっかりした安全な場所だし、
反社会的な勢力が入り込まないように、
厳格なルールを設けてから運営されるはずです。

日本人も外国人も安心して遊べるような、
大人の社交空間というやつだね!
あわせて読みたい

攻略がここに!? カジノができる前に観ておきたい三大映画

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る