国内ディーラー育成機関の老舗、日本カジノスクール校長の悲願

日本カジノスクール

多くの新人ディーラーをカジノ業界に送り出している日本カジノスクールは2004年開校、国内ディーラー育成機関の老舗です。校長の大岩根成悦さんにとっての悲願、それが国内カジノ解禁でした。

大岩根成悦さん(45)は10年前、「カジノが日本にやってくる」ことに賭けた。

それから10年、日本ではまだブラックジャックでダブルダウン(賭け金の倍増)することが違法とされている。ただ、大岩根さんは諦めていない。

同氏は2004年に日本カジノスクールを開校。ミッションはカジノでゲームの進行役を務めるディーラーの手さばきやルーレットの回し方などを学生に伝授することだ。

校長を務める大岩根さんは「2、3年のうちにカジノが合法化されると、なんの疑いも持っていなかった」と述べ、このため「まだ合法化されていなくても学校を開業することが悪いビジネスアイデアとは全く思わなかった」と話した。

ついに大岩根さんに運が向いてきたようだ。安倍晋三首相は成長戦略の目玉としてカジノ解禁を目指しており、秋の臨時国会で関連法案の審議を継続することを約束した。

日本のカジノ解禁に賭けた男、苦節10年で予想的中なるか | THE WALL STREER JOURNAL


日本でカジノを始めるためには、
ディーラーさんの確保は不可欠だよね。


日本カジノスクールは2004年に開校だから、
10年の歴史を誇ります。

大岩根校長はアツい方だね!
いよいよカジノ解禁が近づいているから、
賭けには勝ったってことか~。

卒業生にはカジノでの就職がかなわなかった方もいるみたいだけど、
日本にカジノができれば、多くの方がディーラーとして活躍できるはずね。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る