米国大手カジノ運営会社MGMリゾーツが邦銀から大規模資金調達か | 東京カジノラボ

米国大手カジノ運営会社MGMリゾーツが邦銀から大規模資金調達か

MGMリゾーツ・インターナショナル

米国のカジノ運営最大手MGMリゾーツ・インターナショナルは、9月中に東京と大阪にカジノ運営のための法人を同時に立ち上げる予定ですが、このカジノ事業に総額1兆円を投入する計画があるとのこと。その資金のかなりの部分は、貸出先に悩む複数の国内銀行からの調達になりそうです。

9月10日(ブルームバーグ):日本でのカジノ事業に最大100億ドル(約1兆円)を投じる計画を明らかにしている米運営企業、MGMリゾーツ・インターナショナル は、資金調達に向けて日本国内の銀行と協議している。貸出先不足に悩む邦銀マネーを活用する構えだ。

米MGM:カジノの資金調達で邦銀と協議、緩和マネー活用へ | Bloomberg.co.jp


ラスベガスに本拠地を置く世界的なカジノ運営企業の、
MGMリゾーツさんが、最大1兆円を国内カジノに
投じるってニュースになっているね。

その資金調達のために、日本の銀行からもたくさんお金を借りるとあるわね。
日本の銀行はお金を貸し出す先が
なかなか見つからなくて困っているから、
いい話だと思うわ。

それにしても…カジノ関連はとにかくお金の規模がでっかい。

それだけ収益性が高いってことね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る