日本カジノに参入を表明している外資系有力企業をチェック | 東京カジノラボ

日本カジノに参入を表明している外資系有力企業をチェック

日本カジノ 外資系

世界有数の経済大国であり、訪れる外国人観光客数も着実に増加している日本のカジノ市場は、海外のカジノ運営会社にとってこのうえなく魅力的なのは間違いありません。すでに複数の世界的大企業が日本カジノに参入を明言し、具体的な投資額や候補地について言及しています。

日本のカジノ建設に名乗りを上げている海外企業は多くあります。参入を目指すと名乗りを上げたカジノ企業や、名乗りを上げていませんが、誘致を目指す自治体や日本企業と、表敬訪問や話し合いが行われたカジノ企業もあります。米ラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands、NYSE: LVS)、米MGMリゾーツ・インターナショナル(MGM Resorts International、NYSE: MGM)、メルコ・クラウン・エンターテインメント(新濠博亞娛樂、香港:06883)をはじめ、米シーザーズ・エンターテイメント、ギャラクシー・エンターテイメント(香港)、ゲンティン・グループ(マレーシア)などが挙げられます。

カジノ建設に名乗りを上げる各社の動向 ~海外企業の脅威~ | 不動産ONLINE


海外のカジノ運営ですでに実績を残している
いくつもの巨大外資企業が、日本のカジノに
熱い視線を送っています。

どこも聞いたことある会社ばかりだね~。

彼らにとって日本のカジノは
とてつもなく魅力的なんでしょうね。

でも、外資に儲けさせるな、日本人で運営しろ、
という意見もあるみたいだよ。

うん。そうだね。
たしかにその気持ちも分かるわ。
ただ、すでにカジノ運営のノウハウが
ある外資の力を借りるのも有効な選択肢だと思う。

先輩の力を借りるってことか。

日本のカジノ運営は、失敗の許されない
国家プロジェクトと言っても過言ではないわけだし。

なるほどね~。
これから、こういうニュースはもっと
増えていくと思います。
海外のカジノ運営会社の動向にも注目です!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る