シンガポールのカジノ、マリーナ・ベイ・サンズの見学レポート

  • 2014-9-29
  • シンガポールのカジノ、マリーナ・ベイ・サンズの見学レポート はコメントを受け付けていません。

シンガポールのカジノ、マリーナベイサンズ

シンガポールのシンボルと言っても過言ではない、マリーナ・ベイ・サンズ

日本が目指すIR型カジノで、もっとも成功しているとも言われるのがシンガポールの2大カジノ。その一角である、マリーナ・ベイ・サンズを外国人利用者として訪れたレポート記事は一読の価値ありです。

アジアでは空前のカジノブームが到来している。日本では「カジノ解禁法案」を継続審議中だが、いったいカジノとはどんな空間なのだろうか。筆者は今月、シンガポールを訪れた。

 シンガポールは建国以来40年近く賭博を禁止してきたが、2010年、ついに“禁断の”カジノが出現した。観光立国、アジアの国際ハブ空港、国際金融都市に続く、同国第4弾の切り札である。現在、シンガポールには2つのカジノがあるが、このおかげでシンガポール政府はだいぶ潤ったようだ。公式統計はないが、2013年には2つ合わせて60億米ドルの収入になったと言われている。

 チャンギ空港からタクシーに乗り込み、「マリーナ・ベイ・サンズ」へ向かった。今やシンガポールの一大観光スポットと化した、あの“三本柱に浮かぶ巨大戦艦”である。

やがて日本も…アジアに空前のカジノブーム到来
シンガポールでは客の圧倒的多数が大陸の中国人――「マリーナ・ベイ・サンズ」カジノ見学記 | DIAMOND online


日本が目指すIR型カジノの成功例といわえる、
シンガポールの2大カジノのひとつ、
マリーナ・ベイ・サンズのレポート記事だね。

リアルすぎてとても参考になる~。
自国人はいきなり1万円近く負けたところから
スタートするって考えると、かなり条件が
悪い勝負をしていることになるよね。

外国人は無料だけど、シンガポール人は、
入場時に100シンガポールドルが必要
という決まりのことね。
ただこのルールによって、自国民を保護
しているとも言えるわ。

日本でも一時期カジノへの日本人入場禁止すべき、
というニュースが話題になったけど、
やっぱりシンガポールみたいな制限が生まれちゃうのかな。

そうかもしれないわね。
ここはとても大切なところなので、
いろいろな方の意見や海外のカジノの実例から
考えていきましょう。

それにしても…中国の人たちって、
本当に賭け事が大好きなんだね♪

そうね。
特にバカラ好きが多いと聞いたことがあるわ。
あわせて読みたい

日本型カジノのお手本!シンガポールカジノの特徴を知ろう
日本が目指すIR型カジノ、シンガポールカジノが絶好調!
日本のカジノ、観光客増加のカギを握る中国人観光客
圧倒的スピード感!カードゲームの帝王「バカラ」の基本を覚える
胸がきゅんきゅん!バカラの醍醐味「しぼり」とは?

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

日本カジノスクール

2015-1-24

日本カジノスクールの生徒が急増中!

ページ上部へ戻る