北海道で第4のカジノ候補地、留寿都村ってどこにある? | 東京カジノラボ

北海道で第4のカジノ候補地、留寿都村ってどこにある?

留寿都 カジノ

冬はスキー客で賑わう留寿都

釧路市、小樽市、苫小牧市に続き、留寿都村が北海道内4つめの自治体としてカジノ誘致に名乗りをあげました。自然豊かなリゾート地として有名な土地ですが、道内の他の自治体や他県の候補地とどのように差別化をはかっていくかに注目です。

【留寿都】後志管内留寿都村の場谷常八村長は3日、北海道新聞の取材に対し、カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を進める方針を明らかにした。道内でIR誘致に名乗りを上げたのは釧路、小樽、苫小牧3市に続き4カ所目。

留寿都村、カジノ誘致 ルスツリゾート北側に、道に協力要請 | どうしんWeb


留寿都…?
読めない…。

「るすつ」と読みます。
行政的には北海道後志総合振興局管内にある、
虻田郡に属する村ね。
場所でいうとこのあたりよ。

おお、登別の北西、湖の北岸といったあたりなんだね。

洞爺湖(とうやこ)ね。
このあたりは自然にあふれたリゾート地で、
冬はスキー客でもにぎわいます。

北海道でカジノ候補地に名乗りをあげた、
釧路市小樽市苫小牧市に続いて4つ目の自治体ってことだね!
それぞれにリンクをつけておくので、
位置関係を確認しておこう。
あわせて読みたい

カジノ誘致を目指す北海道の三市、釧路・苫小牧・小樽の現状

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る