メルコ・クラウン・エンターテイメントが日本の着物文化を支援 | 東京カジノラボ

メルコ・クラウン・エンターテイメントが日本の着物文化を支援

kimono

11月3日まで東京の青山外苑で開催されている「東京デザイナーズウィーク2014」にて、マカオを拠点とする世界的なカジノ運営企業メルコ・クラウン・エンターテイメントのCSR活動「『着物×きもの×KIMONO』 Dare to Dream design Award展」が開催されています。

10月25日から11月3日まで東京・青山外苑で行われている「東京デザイナーズウィーク2014」。今回で29年目を迎える国際的なクリエイティブ関連イベントには、建築、インテリア、プロダクトデザイン、ロボット、グラフィック、アートなど、さまざまな分野のデザインが集まっている。同イベントでは、レクサス、エイブル、CHINTAIなどの企業がクリエーターを支援するプログラムを行っているが、ほとんどが日本の有名企業。異色の存在といえるのがマカオに本拠を置くカジノ運営会社のメルコ・クラウン・エンターテインメント(MCE)だ。

MCEは2014年春、同社は日本における新しいCSR活動として、日本の伝統文化の継承と発展に向けたプロジェクト 「着物×きもの×KIMONO」を発表。若いデザイナーを対象に、着物の生地を素材に用いたデザインを公募したところ、1000以上の作品が集まった。

メルコ・クラウンが「着物」を支援する理由 | 東洋経済ONLINE


メルコ・クラウン・エンターテイメント(MCE)といえば、
マカオのカジノ運営会社として世界的に有名ですね。

MCEが日本の着物文化を支援しているなんて、
なんだか意外だね。

縮小の一途をたどっている着物関連作業が
再び盛り上がっていくきっかけになれば素晴らしいわ。

日本にカジノができるとき、外国の人たちに向けて
「日本らしいおもてなし」があったらいいな
って思ってたんだよね。
カジノで遊ぶだけでなく、伝統的な日本の着物の
美しさを知ってもらえたらいいね。
あわせて読みたい

マカオでカジノを運営するメルコ・クラウンが松井大阪府知事と面会!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る