カジノ法案先送りでも大阪のカジノへの思いは衰えず!

大阪カジノ

大阪駅

衆議院の解散でカジノ法案の審議はいったん先送りされますが、カジノ有力候補地である大阪のテンションの高さは相変わらず。松井大阪府知事のカジノ誕生への並々ならぬ思いが日経に掲載されていました。

東京一極集中を背景に、大手企業の流出などで地域経済の低落傾向が続いてきた大阪。大阪府と大阪市は長年、反目し合い有効な手を打てずにきたが、維新という同じ政党のツートップ登場後、ようやく「決められる政治」への環境が整い、再生への動きが始まっている。橋下徹市長(維新の党代表)と組み、カジノを中心とする統合型リゾート(IR)誘致構想や国家戦略特区を起爆剤にして大阪経済の再生に挑む松井一郎知事(同幹事長)に戦略と展望を聞いた。
松井・大阪府知事「カジノ誘致で大阪再生」 | 日本経済新聞


衆議院の解散が決定的になり、カジノ法案審議はいったん終了。
それでも松井大阪府知事へのカジノへの思いは相変わらずアツいね!

そうだね。
東京一極集中で活力を失っている大阪に活力を取り戻させ、
経済を活性化させて、大阪の自立をうながす、と。

この記事にもあるけど、大阪みたいな大都市でも、
交付金もらわないとやりくりできないんだね~。

だからこそ、松井府知事のカジノへの期待は
並々ならぬものを感じるわ。

カジノができるなら、大阪湾に浮かぶ人口島、
夢洲だと言われているけど、このエリアに
エンターテイメント施設をたくさん集めて、
エリア全体を盛り上げていくのが松井さんの狙い。

そうなんです。
カジノ法案については、カジノのみの善悪を問う論調が多いけど、
周辺施設に与える影響なくして語ることはできません。
IR自体が、カジノを含む統合施設なわけだし。

夢洲の近くにはUSJもあるし、空港からの交通を整備してもらって、
いろいろ楽しい施設をこの地域に集めてもらえれば、
世界中から人が集まるすごいゾーンになるかも。
さらに港もあるわけだから、豪華客船も立ち寄ったりして。

夢は膨らむわね。
あわせて読みたい

「東京・お台場」VS「大阪・夢洲」 カジノ候補地の現状分析をしてみる
具体的に判明した大阪カジノの候補地、夢洲への鉄道延長プラン

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る