公明党が慎重な姿勢崩さず今国会のカジノ法案成立に黄色信号 | 東京カジノラボ

公明党が慎重な姿勢崩さず今国会のカジノ法案成立に黄色信号

  • 2015-1-7
  • 公明党が慎重な姿勢崩さず今国会のカジノ法案成立に黄色信号 はコメントを受け付けていません。

カジノ法案2015

2020年東京オリンピックの開催にあわせて、なんとかカジノ営業開始をと意気込むカジノ推進派。しかし、連立与党の公明党が慎重なスタンスを変えていないこともあり、2015年国会での法案成立に黄色信号がともっている状況です。

超党派の国会議員でつくる「国際観光産業振興議員連盟」(会長・細田博之自民党幹事長代行)は、カジノを解禁する「特定複合観光施設区域整備推進法案」を26日召集予定の通常国会に再提出する方針だ。同法案は昨年の臨時国会で衆院解散により廃案となっており、改めて成立を目指す。ただ、公明党は慎重姿勢を崩しておらず、会期中に成立までこぎ着けられるかどうかは不透明だ。

カジノ法案、仕切り直し=通常国会での成立不透明


わたしのカジノライフ in ジャパンが…。

去年の国会でのカジノ法案の審議は、
解散により終了したけど、あのとき
与党の公明党は慎重な姿勢を変えなかったわ。
そしてあれから大きな変化があったとは考えにくい。

情勢は思わしくない、と。
カジノ議連の細田会長は今国会での成立を
目指すと気合いを入れているよ!

そうね。
ただこのカジノ法案は基本法と呼ばれるもので、
成立したら次は実際にどうやって運営していくを決める
実施法を制定しなければいけない。

まだまだいろいろなステップを
踏まないといけないわけか…。

だからこそ東京五輪の2020年に間に合わせるためには、
是が非でも今国会で成立させたいのでしょうね。

とにかくがんばってほしい!

ふふ、そうね。
ただ、時間がかかったとしても、
日本に合ったカジノを作ることは、
総合的に見て国益にかなうという私たちの考えは変わらないわ。

そうだよね。
外国人観光客増加!雇用の創出!

だからこそ、今は勉強するべきだと思う。
カジノというギャンブルを理解するため、
今年はそれ以外のギャンブルへの理解や
カジノとの対比するコンテンツを展開する予定よ。

2015年も東京カジノラボをお願いします!

最後だけ出てきた(笑)
あわせて読みたい

日本の観光収入増加に向け、カジノはインバウンド数増加の核になるか
自民党が衆議院選挙2014の公約にカジノ法案の推進を盛り込む
衆議院は解散、12月14日投票が濃厚。カジノ法案は廃案へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る