日本カジノスクールの生徒が急増中!

日本カジノスクール

カジノで活躍する人材育成の国内老舗、日本カジノスクールへの入学者数が急増しているそうです。2004年の開校から11年。卒業生が日本のカジノで活躍する日はいつになるのでしょうか。

四谷三丁目駅に近い日本初のカジノディーラー養成専門機関「日本カジノスクール」(新宿区舟町)が近年のカジノ解禁の機運を受け、注目を集めている。

同校校長の大岩根成悦さんが日本でのカジノ解禁に向け、2004年4月に開いた同校。開校時には100社以上のメディアに取り上げられ、112名が入学するなど注目を集めた。その後カジノが日本で解禁されることはなく、東日本大震災後の2012年には、4月・10月入学の生徒数を合わせても28名という数字にまで落ち込む。

 転機は2013年9月の東京オリンピック開催の決定だ。同年10月には24人が入学、年間生徒数は58人に。さらに2014年には119名と前年の倍以上となった。

四谷のカジノディーラー養成スクール、1年で生徒倍増-カジノ解禁機運が後押しか | 市ヶ谷経済新聞


以前『国内ディーラー育成機関の老舗、日本カジノスクール校長の悲願』でも取り上げた日本カジノスクールさんですが、
カジノ法案成立への動きが加速するにつれ、
生徒数も増えているとか。

すばらしい~。
11年前に開校してここまで継続してきた
大岩根成悦校長の先見性と熱意を尊敬です。

生徒の平均年齢は30歳ということなので、
社会人の方も多いのでしょうね。

東京の学校に毎週大阪から通学している人もいるんだね。

ここで学んだ人たちが、日本にオープンした
カジノで働く日が来るのが楽しみね。
あわせて読みたい

国内ディーラー育成機関の老舗、日本カジノスクール校長の悲願

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る