フィリピンに大規模リゾートカジノがオープン!

  • 2015-2-9
  • フィリピンに大規模リゾートカジノがオープン! はコメントを受け付けていません。

150209

アジアのカジノはシンガポールやマカオだけではありません。フィリピンも政府が前のめりにカジノ開発を進めており、2015年2月大規模なカジノリゾート「シティ・オブ・ドリームズ・マニラ(CDM)」が開業しました。日本が目指すIR型カジノと近い方向性であることもあり、CDMの行く末にも注目していきたいですね。

新濠博亜娯楽(メルコ・クラウン・エンターテインメント、香港のカジノ運営大手) フィリピンのマニラで大型カジノ「シティ・オブ・ドリームズ・マニラ(CDM)」が正式開業した。3つの高級ホテルを併設する。

マニラで大型カジノが開業 |日本経済新聞


東アジア地域のカジノ開発競争が激化しているみたいね。
フィリピンの総合カジノ施設「シティ・オブ・ドリームズ・マニラ」(CDM)が、
今月オープンしました。

シンガポールやマカオや韓国だけでなく、
フィリピンにもカジノがあるんだね。

このCDMはフィリピンでは3番目のカジノね。

どういう感じのカジノなの?

開発運営はメルコ・クラウン系列ね。

マカオやオーストラリアのカジノ運営で有名な会社だね

そうそう。
CDMにはエンターテインメント施設、ショッピングモール、
レストラン、ナイトクラブもあり、
3つの高級ホテルもあるとのこと。

とういことは、日本が目指すシンガポール型の
IRに近いんだね。

フィリピンからも目が離せないわ。
あわせて読みたい

フィリピンのカジノが好調でホテル産業へも好影響
ミャンマーでもカジノ解禁!? アジアのカジノブームは続く
マカオでカジノを運営するメルコ・クラウンが松井大阪府知事と面会!

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る