マカオのカジノが8ヵ月連続売上減!お客は豪州に取られた模様 | 東京カジノラボ

マカオのカジノが8ヵ月連続売上減!お客は豪州に取られた模様

マカオのカジノ

かつて大盛況だったマカオのカジノの売上が、ここ半年以上ずっと前年同月比減となっています。マカオのカジノはなぜ廃れつつあるのでしょうか。またマカオで遊んでいたカジノ客は、現在どこでカジノに熱狂しているのでしょうか。

中国で旧正月の大型連休がスタートした。例年、この時期になると多くの中国本土旅客がカジノ目当てに大挙してマカオを目指したものが、昨今ではマカオ以外のアジアのカジノ国への分散化傾向が見受けられるという。

目下、マカオのカジノ売上の大半を稼ぎ出すのがVIPルームだ。しかし、中国本土の反汚職キャンペーンの拡大やマカオ当局によるカジノ周辺の規制強化などを理由に、VIPカジノの主要顧客基盤である中国本土富裕層の中で、中国の一部にあたるマカオへの渡航意欲が減退しているとされる。事実、マカオのカジノ売上は昨年(2014年)6月から今年1月まで、8ヶ月連続で前年割れとなっている。

中国富裕層、豪州VIPカジノ市場を席巻=マカオから転戦 |digitalマカオ新聞


このところマカオのカジノ売上がずっと減少しているという話。

今年の1月まで8ヵ月連続で前年同月比減が続いているわね。

なにが原因なの?

マカオは中国の一部なんだけど、その中国で、
反汚職キャンペーンが拡大して綱紀粛正ムードが強まっていたり、
マカオ当局がカジノ周辺の規制強化を進めていて、
マカオに行く中国人富裕層が減っているようね。

マカオから見たらそれは困った。

マカオの歳入の8割以上はカジノ税なので、
これはもう死活問題ね。

マカオに行かなくなった中国の人たちは、
どこへ行っているの?
カジノが嫌いになったわけじゃないよね。

この記事によれば、オーストラリアのカジノに流れているみたいね。
豪州カジノ大手二社の売上が、マカオのカジノ停滞期と同じタイミングで、
大きく上昇していることからもわかるように。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る