なかなか進展しないカジノ法案の提出先を変更する案も浮上

  • 2015-3-13
  • なかなか進展しないカジノ法案の提出先を変更する案も浮上 はコメントを受け付けていません。

カジノ法案 最新情報

なかなか前進しないカジノ法案が新しい展開に入ったかもしれません。法案の付託先をこれまでの内閣委員会から、もっと速い審議が見込まれる国土交通委員会などに変更するプランが浮上しています。とはいえ、カジノ法案を取り巻く状況の厳しさには変わりはなく、しびれを切らしている外国勢の動向も気になるところ。

[東京 11日 ロイター] – カジノを含む統合型リゾート(IR)の運営を解禁するための法案(IR推進法案)が、瀬戸際に立たされている。IRを推進する議員連盟は、法案の付託先をこれまでの内閣委員会からほかの委員会も視野に検討し、可決・成立を目指すが、審議入りの時期は未定。通常国会の会期が延長されても審議時間が不足し、成立しない可能性があり、日本の「決められない政治」を印象づけるリスクが再び浮上しかねない。

自民党、維新の党、次世代の党は「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案(通称IR推進法案)」を共同提出する段取りを整えた。これから注目される課題は、1)法案をどの委員会に付託するか、2)公明党との意見調整、3)付託の時期──の3点となる。
再送-〔焦点〕カジノ法案が瀬戸際に、上程先を国交委に変更する案も|REUTERS


なかなか進展を見せないカジノ法案ですが、
新たな動きがありました。
カジノ議連は、これまでは法案の付託先を
内閣委員会としてきましたが、
これをもっと審議スピードが速い国土交通委員会などに
変更するというプランが浮上しています。

今のやり方よりはスピードアップが見込めるの?

内閣委員会には多くの審議時間を要する法案が付託されているので、
これを変更することにより、もっと審議が早まる期待があるわ。
ただ国土交通委員会のトップは、公明党の国交相太田昭宏氏。

たしか公明党はカジノ法案にかなり慎重なんだよね。
一筋縄ではいかなそう…。

また春には統一地方選があり、選挙の前に
法案提出することを避けるべきという考えも。
どちらにせよ2020年までの開業は
非常に難しくなってきたのは間違いないわね。

そもそも、今このタイミングで法案を出す
先を変えるのは、うまくいっていない
ってことだもんね。

正直なところ、2014年の秋ごろとくらべ、
カジノ法案を取り巻く状況はあまり進展していない
と言えるわね。

たのみますよ~。
海外勢もしびれを切らしているんだろうし、
なんらかの前進を見せていただきたい!

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る