得より損がつらい? 行動に多大な影響を与えるプロスペクト理論

  • 2014-7-6
  • 得より損がつらい? 行動に多大な影響を与えるプロスペクト理論 はコメントを受け付けていません。

プロスペクト理論

人間が持つ心理、いわば本能的な感情判断が、行動に影響を与えることがあります。プロスペクト理論はその代表的なもので、FXなどの投資において多くの投資家が勝てないのは、この理論で解説されている負けパターンにハマるからとも言われています。カジノゲームにおいても、プロスペクト理論が行動に与える影響は大きいので、ぜひともここで勉強しておきましょう。

期待値が同じでも条件によって行動が変化


投資やギャンブルにおける人間の心理を考察した、
プロスペクト理論というものがある。

名前からして、むずかしそうな話だ。

思っているよりはかんたんなはず。
次の二択が提示されたとしたら、ハナはどちらを選ぶ?
(1)無条件で100万円が手に入る
(2)2分の1のギャンブルを行い、勝ったら200万円もらえ、
負けたら何もなし

プロスペクト理論 カジノ

それは、断固(1)だね。

ではでは。今の質問に仮定条件を加えさせて。
ハナが実は200万円の負債を抱えている、とね。
その場合、(1)と(2)の、どちらを選ぶ?

プロスペクト理論 カジノ

うーん、無条件で100万円もらったとしても、
まだ負債が残っていることになるのか。
ならば、(2)のギャンブルにチャレンジするかな…。

わかったわ。さて、この質問の選択肢は、
どちらも【期待値】が100万円。
だからどちらを選んでも、本質的には変わらない。

…たしかに、本質的には一緒。

でもハナは、選択を変えた。
その行動が、プロスペクト理論で説明できるわけ。

ページ:

1

2 3

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る