カジノゲームの女王、ルーレットに参加するための基礎知識

いろいろな賭け方を学んでいきましょう


まずは分かりやすいゲームからいくわよ!
レッド・ブラックというのは、
赤(RED)か黒(BLACK)かを当てるゲームです。
当たりの個数は、18個対18個。
勝った場合の配当は「1to1」で、
つまり10円賭けていたならば、
10円勝ちとなるわけ。

カジノ ルーレット レッド ブラック 黒赤


お次はイーブン・オッド。
偶数(even number)か、
奇数(odd number)かを当てます。
数字が偶数か奇数を当てるもので、
当たりの個数や配当は赤黒と同じです。

カジノ ルーレット ベット イーブン オッド 偶数 奇数


そしてハイ・ロー。
「1」~「18」か、「19」~「36」かを当てます。
こちらも条件は前の二つと同じです。

カジノ ルーレット ベット ハイ ロー HIGH LOW


続いて、ダズン(dozen)。
「1」~「12」、「13」~「24」、
「25」~「36」といった、
前・中・後を当てるものです。
個数は12個対12個対12個ね。
勝った場合の配当は「2to1」で、
10円賭けていたら、20円勝ちとなります。

カジノ ルーレット ベット ダズン dozen 前 中 後


まだまだいくわよ。カラム(column)です。
レイアウトの縦の並びを当てようとするものよ。
条件はダズンと一緒になります。

カジノ ルーレット ベット カラム colomn 縦のライン


と、ここで話を「0」と「00」に戻しましょうか。

ははーん。18個対18個のゲームでも、12個対12個対12個のゲームでも、
「0」と「00」は関係ない存在だった。
つまり、「0」と「00」に入ったら、ハウスの総取りってことだね。

よくできました!
それがハウスの控除になるわけよ。
ちなみに、ここで説明したものをアウトサイドベットと呼びます。
次に解説するのがインサイドベットで、
こちらは数字をピンポイントで当てるゲームになります。
ページ:
1

2

3 4

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る