テキサスホールデムポーカーのルールが分からない人専用!基本の「き」 | 東京カジノラボ

テキサスホールデムポーカーのルールが分からない人専用!基本の「き」

テキサスホールデムポーカーの基本

日本でも加速度的に競技人口を増やしているテキサスホールデムポーカー。私たち日本人が慣れ親しんだポーカーとはルールが異なるため、何をやっているか分からないという人も多いようです。ここではそんな人たちのために、テキサスホールデムのきほんを説明していきます。

テキサスホールデムは2枚+5枚=7枚の中から、最強の手役を作る!


テキサスホールデムは、馴染みのない遊び方なので、
少しとっつきづらいかもしれません。ここでは、
簡単に覚えてもらえるよう易しく解説していきます。
今回は下記の項目について見ていきましょう。
・日本人の知っている(ドロー)ポーカーとのちがい
・ゲームの流れ
・アクションについて
・ポジションとアクションの順番

ドローポーカーっていうのは、「ドラクエ」などのゲームで
慣れ親しんでいる、5枚のカードで手役を作るルールだね。
それとは違うんだ。

そうなのよ。テキサスホールデムは、
自分に伏せられて配られる2枚(ホールカード)と、
場に配られる5枚(コミュニティカード)の計7枚の中から、
好きな5枚を選んで手役を作って、その強さを競います。
ポーカーの手役は世界中のプレイヤーが熱狂する最強の対人カジノゲーム「ポーカー」で確認してね。

テキサスホールデムポーカーの基本

ホールカードは各プレイヤー自身しか見られないから、
かけ引きが生まれるのか!

そこが面白いところね。
相手が何を持っているんだろうと、お互いが悩むことになる。

テキサスホールデムポーカーの基本

では続いてゲームの流れについての説明よ。
テキサスホールデムの進行は、いくつかのラウンドに分けられ、
その合間において「勝負を続けるか、降りるか」の選択を
最大4回迫られます。まずは下の図を見てちょうだい。

テキサスホールデムポーカーの基本

ホールカードが配られたところで、1回目の決断。
その後は3枚配られたフロップで2回目、
4枚目が配られたターンで3回目、
5枚目が配られたリバーで4回目の決断をするのか。
弱い手役しか作れなさそうな人は序盤に撤退、
強い手役を作れそうな人が最後まで残る
って感じになるのかな?

基本構図としては、そうなるわね。
ただし実際には、ラウンド間においてチップをベットする
やりとりがあります。ここであたかも強い手役を持っている
という嘘(ブラフ)を主張する、なんてこともできるわけ。

おお! アカギみたいにブラフをかけたり
かけられたりする世界観なのか!

ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る